やましたさんちの田舎みそ 無添加・手づくりの田舎みそを手間ひまかけて製造するお味噌屋さんです。味噌汁、お鍋にぴったり。
やましたさんちの田舎みそ
やましたさんちの田舎みそ お問い合わせ 買い物かご
    田舎みそができるまで
    田舎味噌ができるまで~

    「麹」が発酵するための温度の適温は30℃くらいです。

    これを24時間保たなければならないので、3時間おきには必ず見に行かなければいけないのです。(微妙な温度調節が難しい)
    また、寒いときには毛布をかけたりして「麹」にとっていい条件を作らなければなりません。

    その部屋の癖を知り、「麹」が上手く育つ条件を知っておかなければなりません。
    米、麦を充分に吸水させます。

    その後水で洗い、セイロで蒸し上げます。
    田舎味噌:工程
    やましたさんちの田舎みそ:田舎みそができるまで   やましたさんちの田舎みそ:田舎みそができるまで
    大豆は鉄鍋で混ぜながら少し焦がし、次にそれを砕いて皮を除き中身だけを蒸します。蒸し上がった材料を冷まし、麹菌を入れます。
    やましたさんちの田舎みそ:田舎みそができるまで やましたさんちの田舎みそ:田舎みそができるまで
    麹が熱を持ち固まってくると、中混ぜを行い薄く広げます。   板状に固まっている麹を手でほぐし、水、食塩を入れて混ぜ合わせます。
    やましたさんちの田舎みそ:田舎みそができるまで 樽に入れて、2~3ヵ月間熟成させると田舎みその完成です。
    最後に~

    麹は生き物なので、温度・湿度によって、熟成が変わってしまいます。
    15℃で熟成し始めて、25℃を超えたら熟成が早くなります。